「ぼんやりしておっても仕方がないからの。日記でも書こうかと思い立った」。藤沢周平の連作短編時代小説「…

続きを読む