私が本欄を担当して4年目に入った。時の経(た)つのは実に早いものである。高橋弘希「送り火」(「文學界…

続きを読む