『御社のチャラ男』(講談社)、なんともすごいタイトルだが、予想を裏切らない作品だった。2006年に「…

続きを読む