「狭いところですが、どうぞ」そう言って本誌記者を住まいに迎え入れたのは、清水章吾(76)。かつてチワ…

続きを読む