肩書は主夫。大学職員の妻が家計を支え、家事や育児をしながら執筆し、3度目の挑戦で九州芸術祭文学賞最優…

続きを読む