西村賢太の同名小説はさておき、小銭をかぞえるのは楽しい。頭の中で観念上の小銭を、どうすれば増えるか、…

続きを読む